本文へジャンプ

戻る

スポット紹介

曽々木海岸

国指定名勝及び天然記念物。日本海の荒波によって奇岩が見られ、シンボル的存在として窓岩があります。
冬には能登の風物詩「波の花」が見られることもあります。また、曽々木ポケットパークから東へ200メートルのところには、パワーゾーンの洞窟「福が穴」と「せっぷんとんねる」があります。
奥行70メートルの「福が穴」の一番奥には不動明王が鎮座しており、「せっぷんとんねる」を抜ければ幸せを予感させるプライベート空間があります。

このスポットを訪れるコース

ページの先頭へ戻る